ACマスターカードでお金を借りれて毎日が楽しい

 

ACマスターカードでお金を借りれて毎日が楽しい

22歳の男性です。

 

私は中部地方で会社員をしています。

 

学生時代お金もなく、ひもじい毎日を過ごしていました。

 

就職してからは自分の給料が入るようになりました。

 

ほしいものをどんどん購入しています。

 

毎月の給料があるのにもかかわらず、お金がなくなってしまう時も多いです。

 

そんな時に私の役に立ってくれるのはACマスターカードです。

 

ACマスターカードを作った時には、「自分でもつくれるのかな」と不安に思っていました。

 

実際にACマスターカード審査はかなり厳しいと聞いていたのですが、

 

審査通過してほっとしました。

 

 

サラリーマンなので、定期的な収入があれば、ACマスターカードは作れると思います。

 

ACマスターカードのいいところは、金利の低さです。

 

私が借りる時もいつも10%で組んでいます。

 

これなら返済をするのにも問題はありません。

 

たくさんの買い物をしてしまった時でもACマスターカードがあれば十分に支払いができます。

 

ショッピングに特化しているだけあって、買い物の多い私にはぴったりです。

 

若いうちはほしいものがたくさんあると思います。

 

ACマスターカードがあれば、好きなものがいつでも買えます。

 

お金を使って買い物しなければ、人生が楽しくありません。

 

充実した毎日を送るためにもACマスターカードを使うのはおすすめです。

 

ACマスターはサラリーマンなど、若い男性には便利なカードです。

 

ACマスターカードは職場連絡あり?勤務先への在籍確認が不安なら

 

アコムが提供するACマスターカードの発行審査過程において職場への在籍確認はあります。勤務先に電話をかけられるのが嫌だと思う人もいるかもしれませんが、電話をかけてくる人はアコムだとは名乗りませんから、べつにそんなに神経質に悩む必要はありません。

 

「○○様(申込者)はいらっしゃいますでしょうか?」と聞いてきて、取り次いでもらって本人が出ればそこでスグに確認終了ですし、本人不在で電話に出た人が「○○は現在外出中です」などといったとしても、在籍していることさえ確認がとれればそれで終わりです。

 

アコムの電話をかけてきた人がアコムを名乗ることはまず無いですし、用件を話すこともまずないです。

 

電話に出た他の社員に「さっき君に電話があったよ」みたいなことは言われるかもしれませんが、適当にごまかしておけばべつにどうということはありません。

 

ですから普通に会社に勤めているなら、何もビクビクせずに在籍確認してもらいましょう。

 

クレジットカードを作ることは社会人として一種のステータスでもありますし、いっそのこと他の社員にクレジットカードを作るから電話がかかってくるかもしれないと本当のことを言ってしまった方が気が楽になるかもしれません。

 

意地でも会社に電話がかかってくるのが嫌だという場合は、電話確認のない可能性があるクレジットカードに申し込んでみるのがいいでしょう。

 

ちなみに在籍確認ができなくても審査に受かる場合もあります。

 

たとえば会社の個人情報の扱いが厳しくて、どこの馬の骨だかわからないような電話の相手には社員の情報を渡さないというような方針の会社だと、確認が取れなくても審査に通過することもあります。

 

とにかく本当に会社に勤めているのなら、確認の電話を恐れる必要はないです。

 

一方無職でクレジットカードを作りたくて在籍確認をクリアする必要がある場合は、とにかく一時的にでもいいので何かアルバイトをするのがいいです。

 

ACマスターカードは審査が緩いことで有名ですから、とにかくバイトだろうがパートだろうが仕事さえしていれば審査に受かる可能性が高いです。

 

短期のバイトでもいいので、とりあえず何か仕事について、めでたくカードが発行されたらすぐに仕事を辞めるということもでOKです。

 

ちなみにアリバイ会社といわれる在籍確認をするためだけのダミー会社のようなサービスも存在しますが、これを利用するのはやめておいた方が無難です。

 

カード会社側でもアリバイ会社の存在は把握していて、利用がバレると即座に審査に落ちてしまいます。

 

ACマスターカードの審査は厳しい?どうしても今すぐ現金が必要

 

ACマスターカードの審査は厳しくはないようですが、甘くもないという口コミがあります。一般的に、銀行とノンバンクでは銀行のほうが審査が厳しいです。

 

同じノンバンクでも、クレジットカード会社と消費者金融ならクレジットカード会社のほうが審査が厳しくなる傾向です。アコムはノンバンクであり、消費者金融なので審査はかなり柔軟になっています。

 

どうしても今すぐに現金が必要という場合には、大手の消費者金融がおすすめです。同じ消費者金融でも中小規模の業者では審査に時間がかかることがあります。

 

また、大手でないと自動契約機が設置されていないので、カードが手元にくるまで時間がかかるという問題もあります。自動契約機が設置されていれば、カードをすぐに手に入れることが可能です。

 

アコムは大手の消費者金融であり、審査にかかる時間はおよそ30分です。

 

審査に通過したあとに近くのアコムの「むじんくん」まで行くことですぐにカードを手に入れることができます。クレジットカードがほしい場合にはACマスターカードがよいでしょう。

 

しかし、ショッピングをしたいわけではなく、どうしても今すぐに現金が必要という場合には通常のカードローンのほうがおすすめです。

 

同じ10万円を借りるのでも、クレジットカードの場合には総合的な枠が大きくなってしまう傾向があります。例えば、キャッシング枠を10万円だけつけてクレジットカードを作った場合、ショッピング枠が30万円、キャッシング枠が10万円というようになり、合計で40万円の枠となります。

 

ショッピング枠は借金ではないので問題はないと考える人もいますが、分割払いやリボ払いにすると借金と同じであり、金融機関にとってのリスクとなります。現金が今すぐに必要であり、他社の審査に通ることが難しいという場合には、カードローンで10万円だけを借りるというように、最小限の金額にしておくのがよいでしょう。

 

アコムの審査でも銀行カードローンとほぼ同じ項目が見られるようです。審査の時間は30分程度とかなり短いので、機械による自動審査が導入されているものと思われます。まずは機械がチェックをして、その後人の手によって最終チェックが行われるという流れになります。

 

重要になるのは年収、勤続年数、勤務形態などとなります。年収は高いほうがよく、勤続年数は長いほうが信用があります。勤務形態については正社員が理想ですが、派遣や契約社員、アルバイトでもアコムなら借りられる可能性があります。

 

機械のスコアリング審査の基準は会社によって異なっていますが、「正社員なら10点、契約社員なら7点、アルバイトなら5点」というように点数がつけられて、総合的な点数が基準をクリアしているかどうかで判断がされるようです。そのため、1つの項目で不利になっていても、他の項目がよければ総合的には審査に通るということになるでしょう。

 

ある意味で一番重要になるのが個人信用情報です。ブラックリストにのっている人は、総合的な点数がよくても審査落ちするという噂もあります。ブラックリストにのっているということは致命的な理由となるからです。金融機関によって扱いが異なりますが、アコムでもブラックリストにのっている人はかなり厳しいようです。

 

過去に自己破産をしているが、それから5年近くが経過しており、正社員として年収500万円を得ているという人などは、可能性があるので申込みをしてみる価値はあるでしょう。ブラックリストにのっているまではいっていなくても、延滞を3回、4回と何度も繰り返している人はやはり不利になります。そういった人は延滞癖がついており、今後も延滞を繰り返す可能性が高いとみなされてしまいます。

 

その他には、他社からの借入があるかどうかも重要です。どうしても今すぐに現金が欲しいという人の理由はさまざまですが、クレジットカードの支払いのためという理由である場合などには注意をしておくべきです。クレジットカードのショッピングリボ払いやキャッシングを支払うために消費者金融で借りるという人は多いですが、借金の返済のために新しく借金をするということはリスクが高いです。

 

クレジットカードのショッピングリボ払いが30万円、キャッシングが20万円という段階では、年収にもよりますがまだ借りられる余地はあるでしょう。年収300万円の人が合計で100万円の借金をしてしまっているというケースでは、アコムを利用するのではなく、弁護士や司法書士に相談をして債務整理をしたほうがよいかもしれません。

 

審査に通るかどうかも重要ですが、金融機関が必ずしも正確に返済能力を判断できるわけではないので、自分で借りすぎていないかどうかを考えることも重要です。

 

これらのポイントをクリアしている人なら、アコムですぐに現金を借りることができる可能性が高いです。無理のない借入を行い、計画的に返済をしていきましょう。