ACマスターカードでお金を借りれて毎日が楽しい

 

ACマスターカードでお金を借りれて毎日が楽しい

22歳の男性です。

 

私は中部地方で会社員をしています。

 

学生時代お金もなく、ひもじい毎日を過ごしていました。

 

就職してからは自分の給料が入るようになりました。

 

ほしいものをどんどん購入しています。

 

毎月の給料があるのにもかかわらず、お金がなくなってしまう時も多いです。

 

そんな時に私の役に立ってくれるのはACマスターカードです。

 

ACマスターカードを作った時には、「自分でもつくれるのかな」と不安に思っていました。

 

実際にACマスターカード審査はかなり厳しいと聞いていたのですが、

 

審査通過してほっとしました。

 

 

サラリーマンなので、定期的な収入があれば、ACマスターカードは作れると思います。

 

ACマスターカードのいいところは、金利の低さです。

 

私が借りる時もいつも10%で組んでいます。

 

これなら返済をするのにも問題はありません。

 

たくさんの買い物をしてしまった時でもACマスターカードがあれば十分に支払いができます。

 

ショッピングに特化しているだけあって、買い物の多い私にはぴったりです。

 

若いうちはほしいものがたくさんあると思います。

 

ACマスターカードがあれば、好きなものがいつでも買えます。

 

お金を使って買い物しなければ、人生が楽しくありません。

 

充実した毎日を送るためにもACマスターカードを使うのはおすすめです。

 

ACマスターはサラリーマンなど、若い男性には便利なカードです。

 

ACマスターカードは職場連絡あり?勤務先への在籍確認が不安なら

 

アコムが提供するACマスターカードの発行審査過程において職場への在籍確認はあります。勤務先に電話をかけられるのが嫌だと思う人もいるかもしれませんが、電話をかけてくる人はアコムだとは名乗りませんから、べつにそんなに神経質に悩む必要はありません。

 

「○○様(申込者)はいらっしゃいますでしょうか?」と聞いてきて、取り次いでもらって本人が出ればそこでスグに確認終了ですし、本人不在で電話に出た人が「○○は現在外出中です」などといったとしても、在籍していることさえ確認がとれればそれで終わりです。

 

アコムの電話をかけてきた人がアコムを名乗ることはまず無いですし、用件を話すこともまずないです。

 

電話に出た他の社員に「さっき君に電話があったよ」みたいなことは言われるかもしれませんが、適当にごまかしておけばべつにどうということはありません。

 

ですから普通に会社に勤めているなら、何もビクビクせずに在籍確認してもらいましょう。

 

クレジットカードを作ることは社会人として一種のステータスでもありますし、いっそのこと他の社員にクレジットカードを作るから電話がかかってくるかもしれないと本当のことを言ってしまった方が気が楽になるかもしれません。

 

意地でも会社に電話がかかってくるのが嫌だという場合は、電話確認のない可能性があるクレジットカードに申し込んでみるのがいいでしょう。

 

ちなみに在籍確認ができなくても審査に受かる場合もあります。

 

たとえば会社の個人情報の扱いが厳しくて、どこの馬の骨だかわからないような電話の相手には社員の情報を渡さないというような方針の会社だと、確認が取れなくても審査に通過することもあります。

 

とにかく本当に会社に勤めているのなら、確認の電話を恐れる必要はないです。

 

一方無職でクレジットカードを作りたくて在籍確認をクリアする必要がある場合は、とにかく一時的にでもいいので何かアルバイトをするのがいいです。

 

ACマスターカードは審査が緩いことで有名ですから、とにかくバイトだろうがパートだろうが仕事さえしていれば審査に受かる可能性が高いです。

 

短期のバイトでもいいので、とりあえず何か仕事について、めでたくカードが発行されたらすぐに仕事を辞めるということもでOKです。

 

ちなみにアリバイ会社といわれる在籍確認をするためだけのダミー会社のようなサービスも存在しますが、これを利用するのはやめておいた方が無難です。

 

カード会社側でもアリバイ会社の存在は把握していて、利用がバレると即座に審査に落ちてしまいます。