消費者金融3社お金借りてます。多重債務?自己破産したほうがいいでしょうか

 

多重債務とは、複数の消費者金融などからお金を借り入れている状態で、借金の額が自分だけでは返しきれないほどになってしまっていることを言います。

 

3社からお金借りることで借金の額が膨大になり返済できないという状態ならば、それは多重債務になるでしょう。

 

このような状態になると1社の返済のために別の1社から借りたお金を支払い、

 

また別のところから返済のためにお金を借りてくる、という自転車操業になってしまい、

 

利息分を返済し続けるだけで元本が全く減らないばかりか利息が増えていくばかりということにもなってしまいます。

 

こうなった場合には、債務整理をおこなうことも視野に入れると良いでしょう。

 

「借金が返済できない」からと言って、自己破産を選択するのは少し待ってください。

 

確かに多重債務に陥っている人は多額の借金のために身動きが取れず、

 

借金が全額なくなる自己破産がとても魅力的に思えます。しかし、自己破産を行うことにはリスクもあります。

 

それは借金を支払う義務がなくなる代わりに、自分の所有している不動産や車、

 

20万円以上の現金など多くのものを手放さなければならなくなってしまいます。

 

また、新たにクレジットカードを作ったり住宅ローンを組むことも少なくとも5年間は出来なくなってしまいます。

 

職業の資格制限もあり、

 

他人の財産を守る警備員や生命保険募集人、商工会議所会員、行政書士などは一時的にその職に付けなくなってしまったり、

 

自己破産は裁判となるため家族や会社に知られずに行うということが難しくなります。

 

また保証人が必要な高額なローンや融資がある場合、借りた人が自己破産を行ってしまうと

 

保証人が全額支払わなければならなくなってしまうというデメリットもありあます。

 

債務整理には自己破産だけではなく「住宅をどうしても残したい」という人向けの個人再生や、

 

自分で債務整理を行う会社と行わない会社を決めることが出来る任意整理があります。

 

個人再生は住宅以外の全ての借金を3年間で返済していく方法で、借金の総額が減額される方法になります。

 

任意整理は話し合いによって決定するもののため、家族や会社に知られずに行うことが出来るというメリットがあります。

 

多重債務で借金の返済ができないからと言って、すぐに自己破産を行おうと決めてしまうのは早計です。

 

まずはプロである弁護士に相談して、自分の状況に一番ぴったりくる債務整理の方法を探って行くようにしましょう。

 

 

借金一本化できないときに弁護士に相談すると解決する?ローンまとめとの比較

 

借金一本化できないときは、ローンの借り換えを検討してみましょう。

 

おまとめローンでは複数の借金を一本化するため審査の難易度が高まります。

 

例えば、2社からそれぞれ90万円、50万円を借りている状態で借金一本化をする場合、1社から140万円を借りることになります。延滞をしていないことはほぼ絶対条件となり、さらに安定して高収入を得ている必要があるでしょう。まだ2社からしか借りていない状態なら、銀行カードローンの審査に申し込みをしたら通る可能性があります。

 

銀行カードローンに申し込みをしてみると、金利14%で100万円まで融資が可能という結果になったとします。消費者金融2社からそれぞれ金利16%で90万円を、金利18%で50万円を借りている状態なら、100万円だけでも金利14%の銀行カードローンに借り換えをするメリットがあります。

 

借金一本化もローンの借り換えもできないという場合には、債務整理に強い弁護士に相談をしてみましょう。借金一本化やローンの借り換えをすると利息の負担を減らせますが、ゼロにすることはできません。任意整理をすれば将来利息をすべてカットしてもらえます。延滞をしている場合には、遅延損害金もカットしてもらえることがあります。

 

任意整理のメリットは、遅延損害金や将来利息をカットしてもらえることにあります。消費者金融のように金利が高いところから借りているときほどメリットは大きくなります。自動車ローンのように金利が低い借金の場合には、利息を全額カットしてもらうことのメリットはそれほど大きくはないでしょう。

 

しかし、任意整理なら対象とする借金を自由に選択することができます。消費者金融からの借金だけを任意整理して、自動車ローンなどは対象から外すということが可能です。

 

これだけみると借金一本化もローンの借り換えをするよりも任意整理をしたほうがメリットがありそうな気がするでしょう。しかし、任意整理をすると重大な契約違反となるので、いわゆるブラックリスト入りしてしまうというデメリットがあります。およそ5年間は金融機関からの信用が大きく落ちた状態になります。

 

ブラックリストにのっているとクレジットカードなどの金融商品の審査には基本的に通りません。このデメリットの大きさは人によって異なります。クレジットカードなどを全く使わずに生活をしている人にとってはメリットのほうが大きくなるのではないでしょうか。

 

逆に、自動車ローンや住宅ローンの審査に通らないために人生に大きな影響が出てしまうという人もいます。デメリットについても理解をしたうえで行うことが大切です。