多重債務者がキャッシングをするときに気をつけるポイント

多重債務者がキャッシングをするときに気をつけるポイント

どうしてもお金が足りないなと思った時に、役に立ってくれるのが消費者金融のキャッシングです。

 

しかし、ブラックリストに載ってしまった場合に、どうすれば多重債務でもお金を借りれるのでしょうか。

 

それはできるだけ審査の甘い、中小の消費者金融をねらうことです。

 

そうすれば、多重債務でもお金を借りれる可能性が高くなります。

 

大手の消費者金融や銀行のカードローンは、比較的審査が厳しいです。

 

ブラックリストに載っている人に、お金を貸してしまうと.悪いイメージがついてしまいますし、

 

返済してくれる可能性も低いです。

 

多重債務者でキャッシングを利用しようと思ったら、このような大手の消費者金融や銀行を避けましょう。

 

多重債務者といっても、キャッシングの条件は変わりがありません。

 

多重債務者がお金を貸したからといって、金利が2倍になるとか、不利益にはなりませんから安心しましょう。

 

多重債務者に陥っている人は、他の消費者金融です。銀行のカードローンの支払いでも延滞をしている可能性が高いです。

 

中小の消費者金融でお金を借れたからといって、気を抜かないでください。

 

借りたお金は期限内に早く返す、この心がけがあれば、中小の消費者金融でも、お金を貸してくれないということはなくなります。

 

これ以上お金を貸してくれる消費者金融を減らさないためにも、返済期限をしっかり守る意識は大切です。

 

【当サイトオススメ消費者金融】

 

無利息ローンがおすすめ

 

パルコカード審査の在籍確認情報

多重債務でもお金を借りれる

多重債務者がキャッシングをするときに気をつけるポイント

お金がないときに、頼りになるものといえば、消費者金融キャッシングですよね。

 

私はいくつかの金融機関からお金を借りていました。いわゆる多重債務者です。

 

この状態では、お金が借りれないのではないかと不安に思っていました。

 

それでも消費者金融なら大丈夫です。多重債務でもお金を借りれる金融あれば、安心して暮らしていけます。

 

私は29歳の男性です。東京都内で派遣社員をしています。

 

私は、あちこちの消費者金融からお金を借りていて、多重債務の状態でした。

 

お金が必要になった時に、どこでお金を借りたらいいのか悩んでいると、試しにフクホーに申し込んでみようと思いました。

 

しかし、多重債務者の私に、お金が借りれるとは思っていませんでした。

 

ATMで、申し込んでみると無事に審査に通過することができました。

 

私の予測ですが、フクホーはかなり審査が甘いです。

 

困った時にはフクホーを忘れないようにしましょう。

 

多重債務でお金が借りれるフクホーなら、ピンチの時でも安心です。

 

多重債務と言っても金利が高くなるわけではなく、しっかりお金を返せばいいだけの話です。

 

これからも、審査が甘く、金利の面でも得な、

 

多重債務でもお金が借りれる消費者金融フクホー使って、日常を楽しんでいこうと思います。

 

 

多重債務者はキャッシングできる? ブラックリストに載っていたらお金を借りられないのでは

 

多重債務者でもキャッシングはできます。ブラックリストに載っていればお金を借りることはできませんが、これは多重債務キャッシングをしている状態を指しているものではありません。
まず、ブラックリストに載るというのがどういう状態であるかと言うと、そのようなリストが存在するわけではありません。

 

クレジットカードやキャッシングなどを利用すると、その履歴が個人信用情報機関に記録されます。これには氏名や住所、電話番号等の本人を特定するための情報の他に、現在の借り入れ状況などが記録されています。支払いの遅延を2か月以上継続したり、債務整理をしたときには異動情報が記録され、これがある状態を一般的にブラックリストに載っていると呼んでいます。そのため、多重債務キャッシングをしているだけであればこれには該当しません。

 

なお、異動情報は永久に残るものではなく、5年から10年で削除されて参照しても分からなくなります。しかし、これとは別に各金融機関の自社記録があるため、問題を起こしたところでは何年経過していてもそれを把握できます。

 

ただし、多重債務キャッシングに全く問題がないということではありません。

 

何社から借りているかということも金融機関からの信用に大きな影響を与える要素になります。

 

一般的に4社までなら借りられることが多いですが、5社以降になると申し込んでもほとんど審査に通らなくなります。

 

また、契約数が増えたときに、既に利用している金融機関の信用を損ねてしまい、返済能力が減ったものと見なされて限度額の引き下げが行われることもあります。

 

個人信用情報機関を参照して把握でき、それが借り入れに影響するのでブラックリストに載っているのと同じような状況と言えますが、遅延などを起こしていなければ異動情報は記録されていないので、解約して契約数を減らせば解消されます。

 

信販会社や消費者金融のキャッシングを利用している場合は総量規制にかかることもあります。

 

貸金業ではこの規制で年収の3分の1までしか融資が認められていません。これは1社当たりの金額ではなく、全体の総額になります。また、チェックされるのは実際の借り入れ額ではなく限度額になります。

 

キャッシングの仕組みによるもので、契約していれば限度額の範囲内で無審査で自由に追加で借り入れができます。

 

そのため、限度額まで借りているものとして総額を計算します。

 

ブラックリストに載る危険性が高くなるという面でも問題があります。

 

まず、複数の金融機関から借り入れを行うことで管理の手間が増え、計画を立てるのが難しくなり、期日までに返済を忘れてしまうこともあります。

 

短期間の遅延であれば異動情報が記録されることはありませんが、金融機関の信用を損なうことになり、遅延損害金も払うことになるので避けなければなりません。また、返済の負担も大きくなります。

 

キャッシングでは限度額は金融機関との信用によって決められているため、年収が高くても実績のない新規契約時の限度額は低くなります。

 

遅延を起こさずに借り入れをと返済を続け、信用を得て増額できれば金利を下げることができます。しかし、多重債務キャッシングで限度額の総額を増やしている場合には金利は下がらず、負担が大きくなります。

 

限度額の増額には時間がかかり、審査に落ちることもあるため、他社を追加で契約することを勧める口コミもありますが、これは問題も抱えている方法であるため注意しなければなりません。

 

多重債務キャッシングをして返済が困難な状況に陥った場合、おまとめローンを利用すれば解消できることがありますが、これも希望すれば借りられるというものではありません。

 

複数の借り入れを1つにまとめることで管理の手間がなくなり、限度額も高くなるので金利が下がるなど、多くのメリットがありますが、高額の借り入れになるので審査は厳しくなります。

 

さらに、複数の借り入れがあることで計画的な利用ができていないと見られるため、信用を得にくくなります。

 

契約数が多ければ審査には通らなくなるので、事前に利用中のキャッシングの中でまとめて契約数を減らさなければならないこともあります。

 

返済が困難になってからおまとめローンを利用しようとすると、審査に落ちるなどして想定よりも時間がかかってしまい、2か月以上の遅延を起こして異動情報が記録されてしまう危険性があります。

 

こうなってしまうと審査には通らなくなるので余力があるときにまとめることを検討した方が良いでしょう。

 

なお、おまとめローンは金利が減ることで返済の負担は抑えられますが、借り入れが減るわけではありません。状況によっては債務整理を進められることもあります。

 

このように多重債務キャッシングしただけでブラックリストに載るわけではありませんが、問題点の多い利用方法であるため、できるだけ1社の借り入れに留めて限度額を増額できるようにした方が良いでしょう。