信用金庫からお金借りれる?消費者金融から借りるのが不安なら

 

どうしてもお金を借りなければならなくなってしまった時に、銀行から借りれば良いのか、信用金庫から借りればいいのか?

 

手っ取り早い消費者金融から借りれば良いのか?初めて借金をするときは必ず悩みますよね?

 

そもそも、銀行と信用金庫の違いってなんなんでしょうか?

 

まずはそこを見ていきましょう。

 

大雑把に行ってしまうと「金融サービスは同じ」

 

であり、経営理念の違いから、組織のあり方が異なってくるということです。

 

銀行は株式会社として成り立っており、株主の利益が優先されるため、主な取引先は大企業になってきます。

 

反して、信用金庫は、地域に密着して地域の人間がお互いの相互扶助を目的とした協同組織の金融機関であり、

 

中小企業や個人に取引を当てています。集められた資金はその地域の発展に生かされている点が大きく銀行と異なる所です。

 

さて、本題の信用金庫からお金は借りれるのか?

 

答えは簡単、企業でも個人でも借り入れ可能です。

 

しかし、融資額が1000万円以下が一般的なのでその辺の注意は必要です。

 

また、個人での借り入れにはカード発行での融資手続きをして

 

借り入れを可能にするなど条件があり、利率は高めになってきます。

 

それでも14%代とかその辺です。その返済の利率も条件によって異なってくるので、

 

どういった目的で借り入れるのか自分の状態を理解して、しっかりと計画を立てた借金が重要になってきます。

 

次に消費者金融から借りたくないケース。

 

町でも見かけるようになった消費者金融の自動キャッシュコーナーですが、メリットとしては手軽で手っ取り早いことです。

 

即日融資が可能で、明日にでもお金がどうしても必要なのに、今日ギャンブルで擦ってしまったから借りちゃえ。

 

と言った感じで手軽に借りれます。ギャンブルでお金をなくした方々が大抵使っているような印象です。

 

利率は18%超えと、銀行や信用金庫と比べるとトップクラスの金利になります。

 

お金借りる中でも、極限状態の人が使う物と思っておいてください。

 

これから商売がしたいから借金を消費者金融でしよう!と考える人はいないですよね?

 

こう言いつつも、どうしても消費者金融から借りたくないケースが今述べた、

 

ギャンブルで使用する予定外のお金を擦ったから明日を生きるお金を借りるがために利用してしまうケースです。

 

どちらから借りるにせよ、CMでもご利用は計画的にと言っているように

 

、「絶対返せる金額を計画を立てて、借りる。」

 

これを肝に銘じて、お金を借りてください。事業を起こすのや家を建てるのに借金は必須です。

 

悩み過ぎもいけませんが、しっかり勉強してお金は借りましょう。