住信SBIネット銀行の電話確認あり?在籍確認が不安な方へ

住信SBIネット銀行の電話確認あり?在籍確認が不安な方へ融資商品では、しばしば電話確認があります。その商品に申し込みをすると、たいてい職場に電話が行く事になります。

 

中には例外的な会社もあるのですが、ほとんどの所は架電確認がありますね。

 

その目的ですが、勤務している事実を確認する為です。確認が取れれば、たいてい金融業者から融資を受ける事ができます。なぜなら確認電話は、審査の最終段階で行われているからです。

 

では住信SBIネット銀行の場合はどうなっているかと言うと、架電は発生します。この金融機関の場合は、審査は2段階で行われています。

 

2段階目の審査にて電話が行く事になるのですが、もちろん電話の行き先は勤務先になります。その架電確認が完了すれば、大抵の場合は融資が可能になります。

 

というのもこの銀行のその架電確認は、審査の最終段階で行われているのです。ですのでその架電時に何かの不審点などが見られなければ、基本的には借りられると考えて良いでしょう。

 

万が一不審な点があった場合は、お断りになる事もあります。

 

ちなみに架電確認が終了した後には、この銀行からメールが届きます。借入可能になったと通知するメールですね。

 

なお住信SBIネット銀行による電話での名乗りは、オペレーターの個人名になります。社名は名乗られません。

Mr.カードローンの借り入れ上限額は他社と比べて高いか

カードローンには、借り入れ可能な限界額があります。大抵それは、申し込み時に決定する事になります。

 

例えば限度額が70万円と設定されている時には、70万円以下での借り入れをする事は可能です。もちろん71万以上の借り入れは不可能になります。いわゆる上限が決まっている訳ですね。ちなみにその金額は、審査によって決定されます。

 

ただその限界額も、金融会社によって色々です。最大で500万円までと決まっている金融会社もあれば、300万円以下の会社など様々です。

 

ところで住信SBIネット銀行は、かなり限界額が高めになります。最高で1000万円までの利用が可能です。

 

他の金融会社の場合は、そこまで高くありません。500万円台の所がほとんどですね。高くても800万円台になっているのが実情です。銀行は比較的高い方ですが、それでもこの銀行ほど高い所はほぼ見られません。

 

そして融資商品を検討している方の中には、少々まとまった資金での借り入れを考えている事もあるでしょう。この銀行によるMr.カードローンは限界額がかなり高めに設定されていますので、多く借りたい方には最適ですね。

 

ただ高い金額での限度額となると、審査の基準なども厳しくなってくる傾向があります。