低金利のカードローンでお金を借りたい どうしても今日中に今すぐ借り入れしたいなら消費者金融選びが大切

 

低金利のカードローンでお金を借りたい どうしても今日中に今すぐ借り入れしたいなら消費者金融選びが大切

銀行や信販会社、消費者金融会社など、カードローンの運営会社はいくつもあります。

 

低い金利でお金を借りたいという人は、

 

クレジットカードでカードローンを使うという借り方は、やらないほうが無難でしょう。

 

総量規制という法律があり、これは信販系と、消費者金融系にあてはまります。

 

総量規制は、年収の三分の一を越える金額を、一度に借りることを制限しているものです。

 

低金利で融資を受けることが難しい背景には、総量規制によって借入金額が制限されているために、

 

金利を引き下げることができないことがあります。

 

一方、銀行系のカードローンは、総量規制に該当しないものもあります。

 

年収によっては、100万円以上金額を借りることも銀行系からは可能です。

 

信用をベースにしている銀行であれば、

 

融資を受けてもトラブルにはなりにくいと考えている人もいて、カードローンでも人気です。

 

金利面でも、銀行系カードローンで高額の融資を受けて、

 

低金利で大口の融資を受けるという方法が使えます。

 

ただし、銀行系カードローンは、申込みから審査の結果が出るまでが時間がかかりますし、

 

審査は他の金融会社に比べて厳しめに設定されています。

 

低金利であれば、それに越したことはありませんが、

 

幾らの融資を受けるかによって利息のつき方は変わりますので、その点は把握しておきましょう。

 

カードローンを銀行系の金融会社で利用した場合、

 

消費者金融会社のカードローンと金利が大差ないこともありますので、要注意です。

 

あらかじめカードローンについて調べて、金利がどのくらいかは把握しておきましょう。

 

 

低金利カードローンはどこがおすすめ? 在籍確認情報もあわせてチェック

 

低金利カードローンであれば、お金を借りた際に利息が低めに設定されますので、負担が少なくなるというメリットがあります。カードローン選びで最も重要視される要素になってきます。そこで低金利カードローンの業者をチェックしておきたいところです。

 

 

おすすめの業者として、銀行があります。カードローンの業者は銀行と消費者金融に大きく分けられますが、単純比較をすれば銀行が低金利であるケースが多くなっています。出来る限りお得にお金を借りたいなら、銀行のカードローンを狙っていきましょう。

 

 

銀行の中で低金利カードローンを選ぶとするなら、住信SBIネット銀行やじぶん銀行、オリックス銀行や楽天銀行の各カードローンがおすすめです。

 

特に住信SBIネット銀行のカードローンは他社を圧倒しており、0.99%〜7.99%という低金利を実現しています。

 

その他の銀行も最も低い金利が1%台と非常に低いですので、利息の負担が少なくなるのが魅力的です。

 

 

しかし、最も低い金利の部分だけで比較するのはあまり良くありません。

 

最も低い金利が適用されるのは、最も高い限度額で借りられる立場でなければならないからです。

 

厳しい審査に通過できるほどの属性でなければまず不可能で、

 

一般の立場で初めて申し込む場合には、そのカードローンで最も高い金利か、それに近い金利が設定されるのが普通です。

 

 

最も高い金利を見ていっても住信SBIネット銀行は7.99%でとても低いですが、これはプレミアムコースが適用された場合の金利になります。

 

一般的なスタンダードコースだと14.79%まで高くなります。

 

 

とはいえ、14%台の金利ならば消費者金融よりもずっと低いですので、お得なカードローンだと判断できます。

 

最も高い金利で見ていけば、みずほ銀行や三菱東京UFJ銀行などがおすすめです。

 

ソニー銀行であれば高くても13.8%ですから、大変低金利なカードローンだと評価できます。

 

 

これらの銀行カードローンを選ぶと、原則として在籍確認が実施されます。職場に電話連絡をして、本人が実際に勤務しているか調べる方法です。

 

在籍確認が出来なければ、審査に落とされる可能性が極めて高くなりますので、電話番号を間違えないように申込書に記入しましょう。

 

 

在籍確認の内容はとても簡単です。ごく短時間で済むほどあっさりした内容ですから、気軽に構えましょう。

 

いきなりカードローンの審査であることを伝えるようなことはしませんので、他人が電話に応対してもバレる心配はありません。