・実質年率 0.8%〜12.0%
・契約極度額 10万円〜1,000万円(10万円単位)
・契約時の年齢が満20歳以上、満70歳以下の国内居住の方

 

 

J.Score(ジェイスコア)は即日お金借りれる?即日融資とスコアアップの方法とは

 

新しい消費者金融の形として、J.Score(ジェイスコア)が注目されていますがその理由はAIを利用しているからといえます。

 

もともとこのJ.Score(ジェイスコア)自体は、ソフトバンク株式会社とみずほ銀行が組んで結成した仕組みになります。

 

それぞれが特有のAIを持っておりその二つを掛け合わせたことで新しい形のものができあがったわけです。

 

最近は、AIが非常に発達しておりプロの将棋士がAIに負けたとニュースでもよく取り上げられるようになりました。

 

人間が入力したデータに非常に忠実でかなり高いレベルまで人間の能力を真似することができるわけです。

 

商議には何通りものやり方がありますが、それらをすべて入力することで人間よりもはるかに高いレベルに到達させることが可能です。

 

つまり、AIとは人間の計算能力や論理的思考力などをそのまま移すことができ人間以上のものに仕上げることが可能になっています。

 

ただ、運動を使った分野や想像力の分野などはAIではとても発揮することができませんので記憶や論理に限定されてくるでしょう。

 

このようなものをキャッシングに応用し審査基準の時に使うようにしています。

 

今まで人間が審査をしていましたが、人間が審査をする問題点としては時間がかかってしまうことです。

 

最近の流れとして、キャッシングを行う場合に短い時間で借り入れできることが消費者の要望と言えます。

 

インターネットの時代になってからは、世の中のスピードが速くなったといわれています。

 

それに合わせて人々も歩くスピードや考えるスピードなどを早くしていかなければいけないわけです。

 

当然ながら行動するスピードも速くなりますので、お金を借りる場合もそのスピードに合わせると即日審査が当たり前のようになってきます。

 

そうするともはや人間の力だけでは審査しきれないことがありますので、AIに頼ることにしたといっても過言ではないでしょう。

 

 

インターネット上で申し込む時に質問に答えていきます。

 

1000点満点のスコアがあり、そのうち600点を取得すれば審査に通ったも同然です。

 

たいていは、最初の質問だけで600点を超えるようになっていますが、もし超えなかったとしてもそれ以外の質問に答えることで少しずつ点数がプラスされていき、最終的に600点に到達することは少なくありません。

 

もちろんそれがすべてにこたえる必要ありませんが、とにかく高いスコアを目指したければ一つでも多くの質問に答えるようにしましょう。

 

ここまで来て理解できることは、可能なかぎり時間があるときに申し込まなければならないことです。

 

最初から600点以上たたき出せば問題ありませんが、そうでなければ時間がかかってしまうものですのでじっくりと時間が取れる時に行いましょう。

 

スコアアップをさせることによりどのようなメリットがあるかといえば、借入金額が高くなる点です。

 

借入金額は600点に近いほど低く、逆に1000点に近いほど高くなる傾向があります。

 

5万円程度しか借りない場合にはそれほどスコアアップを目指す必要がありませんが、100万円以上を借りたい場合やそれに近いぐらいの金額を借りたい場合は、得点を目指すことが大事になります。

 

AIスコアでは、ソフトバンクのスマートフォンや携帯の契約が必要になります。

 

例えばスマートフォンを利用している場合、若干得点が高く評価されるようになりますのでスマートフォンがソフトバンクの人は特に利用できるでしょう。

 

まずソフトバンクだけが優先して有利になっているかといえば、そもそもAIを提供している会社の一つがソフトバンクだからです。

 

もう一つは、性格診断の質問に答えることも大事になります。

 

なぜ性格診断が大事かといえば、お金を借りる時に性格によって返済しやすい人と返済しにくい人に分かれるからです。

 

例えばお金に対して電子な人は、返済しにくい傾向がありますのでお金の貸し借りは避けたいと考えるでしょう。

 

そのため、スコアアップを目指すことはできませんが、逆に慎重な性格の人やお金に対してしっかりとしている人に関しては評価が高まります。

 

このように、様々な質問に答えることで600点を超えることは十分に可能になります。結果的に、最短で30分程度でお金を借り入れることが可能です。

 

お金を借りる場合には、平日の昼間の段階で申し込みをしておいた方がよいですが、午後2:30ぐらいまでに申し込みをすれば30分程度で借入することもできます。

 

ただし、日曜日や祝祭日そして土曜日などはすぐに融資することができない可能性があるため、次の営業日になるでしょう。

 

そのことをよく理解しながらJ.Score(ジェイスコア)に申し込みをすることが重要です。

 

お金を借り入れできる金額は、収入が高いことが重要でそれ以外にも過去に債務整理などを一切していないことも大事な基準になります。

 

J.Score(ジェイスコア)は低金利でお金借りれる?誰にもばれずにお金借りたい

 

J.Score(ジェイスコア)は、みずほ銀行とソフトバンクの提携によって生み出されたキャッシングサービスです。

 

様々な目的を実現するためには、どうあっても資金が必要となりそれを集めるには時間がかかるものです。

 

その資金を未来への投資ということでキャッシングし、時間を借りるつもりで目的の実現を早めるコンセプトです。

 

実現した後は収入が増える可能性が高いので、返済することも容易であるという考え方を持っています。

 

情報化社会となり様々なものの価値などが忙しく変動する現代では、お金を貯めるよりも行動を優先させた方が良い時があります。

 

しかしそのようなことは中々出来ないため、それをサポートしてくれるのがJ.Score(ジェイスコア)です。

 

基となっているソフトバンクの機器やみずほ銀行の口座を持っていると、利用できるサービスの幅が増えることがあります。

 

J.Score(ジェイスコア)が他の消費者金融と最も異なっている点は、信用審査をAI・人工知能に任せて自動で算出する新しいタイプの方法を持っていることです。

 

日本初のその仕組みをAIスコア・レンディングといい、AIスコアのみであればメールアドレスを登録してパスワードを作成するだけで可能です。

 

そして必要であればそのAIスコアの後にAIスコア・レンディングに移ることができます。

 

金利は年率で0.8%から12%まで変動し、契約極度額は10万円から1000万円まで10万円単位となっています。

 

審査の流れはキャッシングができるまで6つの段階を要します。

 

AIスコア・レンディングを申し込んだら仮審査に移り、その結果が申し込んだアドレス宛に送られてきます。

 

その結果を受け取った後、本人確認書類と収入を証明する書類を送り、本審査がおこなわれます。

 

これらの書類は郵送せずにWEBでアップロードすれば大丈夫です。

 

そして書類を含んだ本審査を終えると契約してキャッシングです。

 

ここまでの手続きは全てスマートフォンやパソコンでの入力のみで済ませられr、どこかに脚を運ぶ必要がありません。

 

メンテナンス時を除いて24時間いつでも申し込みが可能で、申し込んでから借り入れまで早ければ30分で完了します。

 

ログイン形式なので人に知られる危険性も低いです。

 

AIスコア・レンディングが利用できるのは、申し込む時点で満20歳以上満70歳以下の人です。

 

そして日本国内に居住している必要があります。もうひとつの条件は、安定した収入が見込めるということです。

 

それらの条件を満たしていれば、たとえ永住権を持っていない外国人の方であっても審査によっては利用ができます。

 

学生でも利用可能なので留学生でも大丈夫です。

 

基本的な営業日は月曜日から金曜日です。午前8時10分から14時45分であれば即時振り込まれますが、それ以外はその次にやってくる営業日の8時10分が振り込まれるタイミングです。

 

また土日祝日や年末年始であればそれとは異なり、どの時間に申し込んでも次の営業日に振り込まれることになります。

 

返済期間は最終借り入れをした日から原則として最長10年です。

 

返済回数は1回から120回に分けられますが、30万円以下は36回、30万円から100万円は60回そして100万円を超えてから上限の1000万円までが120回とそれぞれ定められています。

 

また契約極度額が10万円から500万円未満の場合は実質年率は0.8%から12%ですが、500万円以上から1000万円以下のときは0.9%から4.7%になります。

 

AIスコアは借り入れる条件に影響を与えることができ、金利が低くなったり限度額が上昇する可能性があります。

 

そのためには銀行などとの取引状況やライフスタイルの変更情報を入力する必要があり、それらは全て入力しなければならないわけではなく自身で自由に取捨選択できるものです。

 

変更の申し込みはその他の手続きと同じようにスマートフォンやパソコンから可能で、結果はメールで送られた後手続きが完了するとすぐに新しい条件を適用させることができます。

 

AIスコアは1000点が上限で算出され、AIスコア・レンディングは600点を超えると利用することができます。

 

600点に満たない場合は、このスコアアップシステムを利用して600点を目指してください。

 

AIは分析や機械学習に長けたトップクラスの人たちが開発に携わり、常に進歩し続ける技術を取り込みながらその精度を上げています。

 

またJ.Score(ジェイスコア)は期間によってキャンペーンが実施されていることがあり、新規で契約した人は翌月に支払わなければならない利息分がキャッシュバックされるというようなものです。

 

これらのキャンペーン特典は申し込む日に左右されるので、利用したい場合は見逃さないように確認しておいてください。

 

申し込みから借り入れまでが早く、AIによって算出や変更もスピーディにおこなうことができるのがJ.Score(ジェイスコア)の特徴です。

 

そして目的の実現を早めるコンセプトにもあるように、必要な時間を短縮して早く行動を起こしたいという人に向いています。

 

 

J.Score(ジェイスコア)AIスコア・レンディングのメリットとは ほかの消費者金融と違う?

 

J.Score(ジェイスコア)AIスコアレンディングとは、みずほ銀行とソフトバンクが合弁で設立した個人向け融資による貸付を主業務とした消費者金融会社です。

 

みずほ銀行は、いわゆる3大メガバンク(三井住友銀行と三菱UFG銀行)の中で唯一傘下に消費者金融会社を保有してませんでしたが、これでようやく消費者金融事業に乗り出した形です。

 

J.Score(ジェイスコア)AIスコアレンディングが注目を集めるのは、メガバンクが設立した点だけでなく、他の金融機関にさきがけてAI(人工知能)を審査に導入した取り組みにあります。

 

みずほ銀行とソフトバンクの両者の顧客データとAIにもとづき産出されるAIスコアを利用することで、効率的なキャッシングを行う画期的な会社です。

 

AIスコアを利用した融資のありかたは、アメリカではすでに行われていることですが、日本では初の試みになることから大いに注目を集めるわけです。

 

この新たな融資の形は「AIスコアレンディング」と呼ばれており、J.Score(ジェイスコア)ではAI(人工知能)を利用して将来の価値を判断する見定める点が特徴です。

 

このような先進的な技術を活用したキャッシングによるメリットはどのような点に見られるのでしょうか。

 

従来の消費者金融の与信審査では現在の職業や年収などを前提に行われてきました。

 

そのため個人ごとのキメの細かい審査ではなく、硬直的な判断が下されてきたことも事実です。

 

そのため将来的には高い年収も見込めるにも関わらず現在のデータを前提にしては、与信審査を通過しないことも間々見られていたのです。

 

これに対して、AIスコアレンディングでは「スコア」(点数)による「レンディング」(貸付)という意味で個人の信用力を数値化することで審査するシステムです。

 

AI(人工知能)は深層学習によって膨大なデータの蓄積の中から、一見関連性の希薄な要素の間に類似性や関連性を見出すことが出来るので、人間の判断よりも客観的で、より実態に近い世新緑を計測できるメリットを持っていると言えるのです。

 

J.Score(ジェイスコア)ではAIを審査の過程に導入することで手間を省き、より緻密なデータを活用できる仕組みとなっています。

 

実際には2017年9月にサービスを開始したばかりの、J.Score(ジェイスコア)AIスコアレンディングですが、従来のキャッシングに比較した特長はどのような点にあるのでしょうか。

 

大きな違いの一つに事前に金利や借入れ限度額を把握することが出来る点があります。

 

従来の消費者金融では信用調査を行ってからでないと金利や借入限度額が分からないだけでなく、信用調査の履歴も残ってしまうことになり、場合によってはその後の融資申し込みに支障をきたすこともありました。

 

この点、J.Score(ジェイスコア)では事前のスマホやパソコンでアクセスして質問事項に回答すれば、おおよその金額が分かるので、その結果を見てから申込みを行うのかを改めて決定することが可能になっているのです。

 

事前に借りることが出来ないことが判明すれば、信用調査の履歴が残ることも無いので、消費者にはありがたい機能と評価出来ます。

 

現代のカードローンの多くはスマホやパソコンでホームページにアクセスすれば申込みや審査、そして融資の実行まで完結できるのが多くなっていますが、J.Score(ジェイスコア)では返済も含めて店舗の実地に赴く必要がなく、すべてを画面上で完結させることが叶うのです。

 

サポートについてもみずほ銀行とソフトバンクの合弁会社なので充実しており安心感が高いのも特徴です。

 

そしてキャッシングの利用を検討する際に、消費者の誰しもが気になるのは金利の高さにあります。

 

後の返済額に直結する以上、低いほうが人気が集まるのはある意味当然です。

 

通常のカードローンは年利14%程度が主流になっているところ、J.Score(ジェイスコア)では最高で年12%となっているので金利が低くなっている訳です。

 

これはAIなどを活用し人件費を抑制することなどで低コストでの融資業務が可能になっちることによります。

 

ただし、消費者金融については、「総量規制」と言う規制があるので利用にあたっては注意が必要です。

 

すなわち収入の3分の1を超えて借り入れることは出来ないと言うもので、過大な借金から消費者を保護する趣旨で法律で定められているものです。

 

従来の消費者金融はあくまで現在の収入などのスペックで与信審査が行われてきました。

 

翻ってJ.Score(ジェイスコア)AIスコアレンディングでは、将来の状況を踏まえて判断されるので、従来の与信審査ではとおるのが難しい方でも利用出来る可能性があります。

 

その意味で将来的にステップアップを見込める職業にある人では、より審査を通過しやすくなったと言えるでしょう。

 

それではどのような条件の人が申し込めるのか、基礎条件を確認しておきましょう。

 

それは@日本国内に住所を持っている20-70歳であることと、A安定かつ継続した収入を持っていること、の2つの条件となっています。