オリックス銀行増額 1,000円刻みでお金を借りる事ができる

オリックス銀行増額審査 1,000円刻みでお金を借りる事ができる

カードローンという商品を提供している会社は、沢山あります。

 

そして会社により、やはりお金を借しだす際のルールは異なっています。

 

違いは色々ありますが、その1つは最小の貸し出し額です。

 

そもそもその融資商品の目的は、もちろん借りる事ですね。

 

ただそれにも最小単位というものガあって、1円から借りれるようなものではありません。

 

基本的にはある程度まとまった単位で、借りる事になる商品になります。

 

そしてその最初単位は会社によって様々で、

 

最低2,000円以上でないと借りる事ができない会社もあれば、

 

1万円以上と設定されている会社など様々です。

 

ところでオリックス銀行の場合は、その最小額がかなり低めになっているのが特徴的ですね。

 

このオリックス銀行では、最低1,000円から借りる事ができるのです。

 

そしてその数字は、他の銀行と比べるとやや低めです。

 

銀行によっては1,000円ではなく、最低1万円からでないと借りる事ができないケースもあります。

 

最低額が高めになれば、それだけ多くの手数料も発生してしまいますね。

 

ですので1,000円単位で借りれる方が、かえって助かる事もあるのです。

 

オリックス銀行の場合は1,000円刻みで借りれる訳ですから、メリットは大きいですね。

 

オリックス銀行カードローンおすすめです。

振り込みかATMで借りれるオリックス銀行

 

オリックス銀行増額審査 1,000円刻みでお金を借りる事ができる

オリックス銀行で申込をした時には、もちろん借りる事になります。

 

ところで融資会社は沢山ありますが、それぞれ借りる方法は異なるのですね。

 

原則として銀行振り込みになる会社もあれば、

 

ATMという機器で借りる事ができる会社など様々です。

 

中には窓口で借りる事ができる会社もありますね。

 

ところでオリックス銀行の場合はどうなるかと申しますと、基本的には2種類になります。

 

まず前述の機器を用いる方法です。

 

この銀行と提携している機器は沢山ありますので、そこで所定の操作を行う事で借りれる訳ですね

 

。操作方法は特に難しい事はありませんので、安心かと思います。

 

それともう1つの方法は、振り込みになります。

 

ちなみにカードローンで振り込んでもらう為には、この銀行に対する連絡が必要です。

 

振り込んで下さいという旨を連絡する必要がありますが、それにも2種類あります。

 

電話もしくはインターネットのどちらかですね。

 

前者の方法の場合は、ちょっと時間帯に関する制約が発生します。

 

9時から18時に限定されているからです。

 

しかし後者の場合は、もう少し幅広い時間帯で振り込んでもらう事ができます。

 

ですので利便性という意味では、後者のネット振り込みの方が良いでしょう。

 

 

300万円に達していない時は収入証明書不要なオリックス銀行

 

金融会社から借りるとなると、しばしば準備物が大きなポイントになります。

 

というのも所得を証明する書面が必要になる事もあるからです。

 

一般的に金融会社では、50万円や100万円などの区切りを超えると、

 

給与明細などが必要になる事が多いですね。

 

しかも直近の物が求められます。1年前に発行されているような書面は、たいてい無効になります。

 

しかし給与明細というのは、そもそも携帯している事が少ないでしょう。

 

保険証などは携帯している方は多いと思いますが、給与明細をお財布の中にしまっている方は非常に少ないですね。

 

ですので給与明細を準備する事ができずに、借りるまでに手間取ってしまう事がある訳です。

 

ところでオリックス銀行には、その準備物に関する特徴があります。

 

この銀行の場合は、大きな金額を借りる時でなければ準備物は不要になります。

 

300万円に達していない金額であれば、わざわざ給与明細を準備する必要も無いのですね。

 

そもそも急いでお金が必要な時に準備物を求められると、ちょっと困ってしまうでしょう。

 

しかしオリックス銀行の場合は300万円というかなり高い金額になっていますので、基本的には困る事は無いと考えられます。

 

そして、それがこの銀行のメリットの1つですね。

 

オリックス銀行の在籍確認が気になるなら 職場電話連絡の方法をチェック

 

在籍確認とは、本当に申し込みをしたときに記入した職場に勤めているかどうか確認する作業です。

 

中には昔勤めていたけど今はもう退職した職場や、まったく関係ない職場を書いてしまう人がいます。

 

在籍確認は申込者の収入の裏付けをとるうえでも必要な作業ですので、

 

こうした間違った情報を記入してしまうと、手続きにも時間がかかることになります。

 

しかし必ずしも確認作業が必要と定められているわけではありませんので、

 

金融機関側の判断によって確認作業が飛ばされたり、別の方法で行われることもあります。

 

オリックス銀行の場合はどうなのでしょうか?

 

オリックス銀行では在籍確認は必要としていますので、電話によって確認作業が行われます。

 

本人が出た場合でも出ない場合でも、その会社に所属していることがわかれば作業は完了します。

 

ただ、オリックス銀行は銀行では珍しく、個人名で電話をかけてきてくれます。

 

それはオリックス銀行の主力サービスがカードローンであり、銀行ではありますが、

 

知っている人であれば容易にローンの申し込みであるということがわかってしまうためでもあります。

 

個人名でかけてくると会社によっては取次ぎをしないこともあります。

 

手続きをスムーズに進めるためにも、もしそういう対応をする会社に勤めているのであれば、あらかじめ銀行側に連絡しておくと良いでしょう。

 

 

また、申込書に書く電話番号にも注意が必要です。

 

小規模の会社であれば問題ありませんが、大きな会社では部署ごとに電話番号があったり、

 

代表番号があったり、複数の電話番号を所有していることがあります。

 

このとき代表番号を書いてしまうと、なかなか取次ぎに時間がかかったり、探すのに時間がかかります。

 

カードローンやクレジットカードで書く職場の電話番号は、申込者に最も近い番号でなくてはなりません。

 

自分の部署に専用の番号があるのであれば、その番号を書いておきましょう。

 

 

オリックス銀行では個人事業主の人でも契約をすることができます。

 

この場合は自宅の番号と職場の番号が一緒でも問題ありません。

 

本人確認と借り入れ意志の確認をするのと同時に、在籍確認も済ませることができます。

 

個人事業主でオフィスを借りているような人は、なるべくオフィスから申し込みをしたほうが良いでしょう。

 

自宅にいるときに誰もいないオフィスに電話がかかっても、確認することができないためです。

 

もし自宅にいる時間のほうが長いのであれば、自宅の電話番号を職場の番号としても問題ありません。