イオン銀行借り入れと所得を証明する書面

イオン銀行借り入れと所得を証明する書面

金融業者から借りる時には、所得を証明する書面が必要になる事が多いです。

 

ただそれも、借りる金額次第ですね。

 

多くの金額を借りる時には書面が必要ですが、

 

あまり多くなければ不要になる事が多いのです。

 

しかしそのような書面は、用意するのもやや手間がかかってしまう一面があります。

 

たいていは給与明細などが必要になってくるのですが、

 

いつもそれを手元に携帯していない方も多いかと思います。

 

むしろ自宅に保管している方が多いでしょう。

 

それを探すのが、色々と手間がかかるものですね。

 

 

ところでイオン銀行カードローンBIGは、

 

その書面が必要になるまでの金額がかなり高めなのが特徴です。

 

イオン銀行の場合は、300万円以下で借りるような時には

 

上記のような書面は特に必要ありません。

 

つまり低めな金額であれば、その書面を探す必要も無い訳です。

 

ですので所得証明書が不要な銀行を探しているのであれば、

 

イオン銀行で申し込むのも一法でしょう。

 

 

ただし、それを状況次第ですね。

 

たとえ300万円以下の金額でも、

 

状況によってはそのような書面が求められるケースもたまにあるのだそうです。

 

ただそれは本当にレアですので、原則として所得を証明する書面は不要と考えて良いでしょう。

イオン銀行ネットフリーローンで申込をする時に必要な書面

イオン銀行ネットフリーローンの申し込みをする為には、書面は必要です。

 

何が必要になるかは、状況によって異なってきます。

 

まず借りる金額が300万円以下の時には、基本的には1種類のみになります。

 

身分証明ですね。保険証などを用いて、身元を証明する事になる訳です。

 

そして上記の商品の場合は、提出方法は紙媒体のみになります。

 

ちなみにイオン銀行の場合は他の商品も取り扱っているのですが、

 

中には紙媒体でなくWEB媒体でその書面を提出できる商品もあります。

 

しかしフリーローンの場合は、紙媒体のみになる訳ですね。

 

具体的には、イオン銀行から申し込み用紙が送られてきます。

 

それに身分証明のコピーを添付して送付する事になります。

 

ただし借りる金額が310万円などある程度高めになる時には、別途で書面が必要になってきます。

 

所得を証明する書面ですね。

 

いわゆる給与明細や確定申告書などを提出すれば良い訳ですが、

 

それを上記の身分証明と同じく、コピーを添付する事になるのです。

 

ちなみに人によっては、上記の身分証に記載されている住所が、現住所と異なっている事もあります。

 

住所変更の手続きが完了していない方は、そのようなパターンが多いですね。

 

その時には、別途で書面が必要になってきます。

アルバイトでも借りられるイオン銀行ネットフリーローン

 

銀行から借りる事を検討している方の状況は色々です。例えばアルバイターですね。

 

そのような方々は、借りられるかどうか不安を覚えている事があるのです。

 

正社員などに比べると借りるのが難しくなってしまうのではないかと心配な方も、中にはいらっしゃる訳です。

 

ではイオン銀行ネットフリーローンという商品の場合は

 

上記のような雇用形態の方々でも借りられるかと申しますと、特に問題はありません。

 

ただしそれには1つの基準があって、1年間の収入が200万円を超えているか否かです。

 

そもそもこの銀行の場合は、安定した所得があって、

 

なおかつ200万円を超えているかどうかが1つのポイントになるのですね。

 

ですのでパートやアルバイトといった雇用形態の方でも、

 

その年間収入の条件を満たしていれば、借りる事はできる訳です。

 

もっとも収入が不安定な時には、やや難しくなってくる事もあるのですが。状況は様々ですね。

 

そしてアルバイトやパートの方がイオン銀行から借りるとなると、所得証明が必要になる事があります。

 

正社員の場合はその書面が必要無いのですが、アルバイトの場合は求められる事もしばしば有るそうです。

 

ですのでそのような雇用形態の方は、事前に所得証明を用意しておく方が、手続きがスムーズになるでしょう。

返す期間が長期ならばトータル返済額も高めになる

 

イオン銀行ネットフリーローンという商品で借りた時は、もちろん返していく事になります。

 

そしてイオン銀行の場合は、返す期間をある程度調整する事が可能です。

 

例えば最初の内は、3年間かけて返すという計画になっていたとします。

 

ところが3年間では返済が難しいと思った時には、それを随時変更する事もできるのです。

 

3年間から4年間や5年間などと、もう少し長期的な返済計画にする事もできます。

 

そして長期的な返済になった時には、毎月の返す額も変わっていく事もあるのです。

 

例えば60万円を3年間で返済するならば、概ね1ヶ月あたり16,000円台になるでしょう。

 

しかし6年間かけて返済するのであれば、もう少し低めな8,000円台や9,000円台などといった具合です。

 

ところが返済の期間が長くなると、トータル負担額も大きくなってしまう可能性がありますので、注意が必要です。

 

極端な例ですが、50万円を6年間かけて返済する時のトータル金額は、恐らく70万円台になるでしょう。

 

ところが2年以内に返済をするような時には、50万円台といった具合なのです。

 

つまり返済期間が長くなれば、イオン銀行に対して多くの金額を支払うことになってしまう訳です。

 

ですので返済期間などはよく考えて、調整すると良いでしょう。

派遣でも借りられるイオン銀行カードローンは便利です

 

イオン銀行ネットフリーローンを利用しようと考えている方々の雇用形態は色々です。

 

正社員の方々だけでなく、派遣社員もその商品を検討している事があるのです。

 

そして派遣の方々は、しばしば借りる事が可能なのかどうかを気にしています。

 

派遣社員の中には、借りるのが困難なのではないかと心配している方もいらっしゃるのですね。

 

しかしイオン銀行の場合は、派遣の方々でも特に問題はありません。

 

そもそもこの銀行から借りる為の基準は、年間収入が200万円を超えている事と、それが安定している事なのですね。

 

その2つの条件を満たしていれば、派遣の方でも借りる事ができる訳です。

 

もっとも年間収入がそれに達していなかったり、やや不安定な方の場合は、難しい事も多いのですが。

 

そして派遣の場合は、求められる書面がやや特殊になります。

 

基本的には身分証明書を提出すれば良いのですが、状況によっては所得を証明する書面が必要になる事があるのです。

 

つまり給与明細などを求められる事が、しばしばあります。

 

このため派遣の方がこの商品の申し込みをしたいと考えているのであれば、

 

事前に給与明細などを準備しておく方が、手続きはスムーズになってくると考えられます。

総量規制30%の制限は無いイオン銀行ネットフリーローン

 

金融商品で借りられる額は、年間収入に左右される一面があります。

 

基本的には、その所得の30%に限定される傾向があるのです。

 

例えば年間収入が、400万円だとします。その時に借りれる金額の最大は120万円であり、

 

130万円や160万円などではありません。

 

原稿の日本のルールでは、30%までという制限があるからです。

 

ところがその対象外になる金融会社も、中にはあります。

 

銀行に対しては30%ルールは適用されず、多くの金額を借りられるケースもあります。

 

ところでイオン銀行ネットフリーローンという商品は、もちろん銀行が提供しています。

 

ですので30%のルールは適用されず、場合によっては130万円以上などの借り入れができる可能性もある訳ですね。

 

銀行から借りる方々の状況は様々で、ある程度まとまった資金を必要としている方もいらっしゃるでしょう。

 

そのような時に30%のルールが適用されてしまいますと、まとまった資金が確保できずに、困ってしまう可能性がありますね。

 

しかしイオン銀行の場合は30%のルールが適用されませんので、まとまった資金が必要な方にとっても、

 

利用しやすい銀行だと考えられるでしょう。そして、それはイオン銀行のメリットの1つとも言えます。

返す額はほぼ固定されるイオン銀行ネットフリーローン

 

金融商品で返していく方式は、色々な種類があります。

 

その中に、元利均等という方式があるのです。

 

その方式の場合は、毎月の返す額がほぼ一定的になります。

 

変動するタイプではありません。

 

金融商品の中には、返す金額が状況に応じて変動するタイプもあります。

 

例えばカード媒体を用いる商品の場合は、残高に応じて返す金額が変動していくタイプになりますので、

 

だんだんと少なくなってくるケースもあるのですね。

 

残高が多い時には毎月1万円前後返済しているのですが、徐々に残高が減ってくると、

 

それに応じて返す額も5,000円などに減ってくるケースがある訳です。

 

つまり残高が増えれば、毎月の負担額も減ってくる訳ですね。

 

ところでイオン銀行ネットフリーローンという商品では、そのタイプではなく元利均等の方式になるのです。

 

上記のように元金に応じて返済額が減る訳ではなく、あくまでも毎月の金額が固定されるタイプになります。

 

元金に応じて返す額が変動すると、いくら返せば良いのか分からなくなってしまうケースもたまにあります。

 

しかしイオン銀行の場合は毎月ほぼ固定される事になりますので、今後の計画を立てやすくなる一面もあるのですね。

 

ある意味それは、イオン銀行ネットフリーローンのメリットの1つと言えるでしょう。

返す日は27日固定のネットフリーローン

イオン銀行では、様々な融資商品の取り扱っています。

 

現時点では、6種類の商品が取り扱われていますね。

 

銀行というのは商品の取り扱い数が非常に多いものですが、イオン銀行もその一例なのです。

 

その1つにイオン銀行ネットフリーローンという商品がありますが、

 

申込をして借りた時には、もちろん返す事になります。

 

そしてその商品の場合は、返す日が固定されるのが特徴的です。

 

他の商品の場合は、返す日をある程度選べる事もあります。

 

例えばイオン銀行が取り扱っているメンバー用の商品の場合は、3つの日から選べるのです。

 

毎月の10日と20日と30日の中から、どれか1つを選ぶ事ができるのですね。

 

ところが上記のフリーローンの場合は、返す日付はほぼ固定される事になります。

 

現時点では、毎月の27日になるのです。

 

一般的な企業では給料日が25日と設定されている事が多いですが、

 

その数日後に返す事になる訳ですね。

 

この「返す日が27日に固定される」のは、この商品の特徴と言えるでしょう。

 

ただし固定されているとは言っても、その商品では繰り上げというシステムがあります。

 

お金の余裕がある時にまとめて支払うシステムもありますので、実質的にはある程度返す日付を選ぶ事ができる訳ですね。